新鞍美雨さん
ジュエリーデザイン科1年
新鞍美雨さん
神奈川県立神奈川工業高等学校出身

高校卒業を控え進学先を考えていたところ、友人に誘われ山脇でジュエリーを学ぶことに。ジュエリーに関して知識はほとんどありませんでしたが、いまではジュエリーの面白さにハマっています。もともと手先は器用なほうですが、ジュエリーは非常に細かい作業が多いので、一瞬たりとも気をぬくことができません。最近ではデザインする楽しさにも目覚め、ジュエリーがこんなにも多彩でさまざまなデザインがあることに感激。ますますジュエリーが好きになりました。

松本尚士さん
ジュエリーデザイン科2年
松本尚士さん
都立工芸高等学校出身

とくに好きな作業は、打ち出し。1枚の金属板を金槌や鉄たがねを用いて叩き出し、半立体の模様などを施します。高校は アートクラフト科だったので、彫金や鋳造、板金などー通りの技術は経験していましたが、高校時代に比べて山脇での作業は緻密で本格的。まだまだ学ばなければいけないことがいっぱいです。僕はストレートに“モノづく"りが大好き!いろんなコンペにもチャレンジできるので、それもいい経験になります。将来の目標は、もちろんクラフトマン。技術や材料の知識などをもっともっと深め、一日も早く夢を実現させたいです。

藤田桃乃さん
ジュエリーデザイン科3年
藤田桃乃さん
千葉県立市川工業高等学校出身

クラフトマンになるかデザイナーになるか、 2年生の終わり頃 まで悩んでいました。そして出した答えが、デザイナー。自分の手で新しいジュエリーを生み出す楽しさを味わいたいと思いました。高校ではインテリアデザイン科に所属。進学先にデザイン系の学校を探していたところ、山脇のジュエリーデザイン科のことを知り、一気にジュエリー制作の世界にひきつけられました。内定をいただいた会社でもジュエリーデザイナーとして活躍するのが目標。いつか自分のブランドを展開できたら嬉しいです。まずは目の前の仕事を全力で頑張ります。

武石唯さん
ジュエリーデザイン科3年
武石唯さん
都立工芸高等学校出身

高校のときから、モノづくりの世界に触れていました。いろいろなモノをつくりましたが、やっぱり好きなのはジュエリー。高校の文化祭で彫金でつくったアクセサリーや小物を販売してすごく評判がよく、ジュエリーの世界を本格的に目指す自信にもなりました。好きな作業は、成形段階のヤスリがけ。削る状況に合わせて数種類のヤスリを使い分けるのがなんだか楽しく、上手くできたときは達成感とともに自分の成長を強く感じることができます。卒業したらクラフトマンとして、素敵なジュエリーをたくさん制作していきたいです。

 

新鞍美雨さん

高校卒業を控え進学先を考えていたところ、友人に誘われ山脇でジュエリーを学ぶことに。ジュエリーに関して知識はほとんどありませんでしたが、いまではジュエリーの面白さにハマっています。もともと手先は器用なほうですが、ジュエリーは非常に細かい作業が多いので、一瞬たりとも気をぬくことができません。最近ではデザインする楽しさにも目覚め、ジュエリーがこんなにも多彩でさまざまなデザインがあることに感激。ますますジュエリーが好きになりました。

ジュエリーデザイン科1年
新鞍美雨さん
神奈川県立神奈川工業高等学校出身

あなたが好きな授業は?

藤田桃乃さん

クラフトマンになるかデザイナーになるか、 2年生の終わり頃 まで悩んでいました。そして出した答えが、デザイナー。自分の手で新しいジュエリーを生み出す楽しさを味わいたいと思いました。高校ではインテリアデザイン科に所属。進学先にデザイン系の学校を探していたところ、山脇のジュエリーデザイン科のことを知り、一気にジュエリー制作の世界にひきつけられました。内定をいただいた会社でもジュエリーデザイナーとして活躍するのが目標。いつか自分のブランドを展開できたら嬉しいです。まずは目の前の仕事を全力で頑張ります。

ジュエリーデザイン科3年
藤田桃乃さん
千葉県立市川工業高等学校出身

山脇祭の思い出は?

松本尚士さん

とくに好きな作業は、打ち出し。1枚の金属板を金槌や鉄たがねを用いて叩き出し、半立体の模様などを施します。高校は アートクラフト科だったので、彫金や鋳造、板金などー通りの技術は経験していましたが、高校時代に比べて山脇での作業は緻密で本格的。まだまだ学ばなければいけないことがいっぱいです。僕はストレートに“モノづく"りが大好き!いろんなコンペにもチャレンジできるので、それもいい経験になります。将来の目標は、もちろんクラフトマン。技術や材料の知識などをもっともっと深め、一日も早く夢を実現させたいです。

ジュエリーデザイン科2年
松本尚士さん
都立工芸高等学校出身

山脇の魅力は?

 

武石唯さん

高校のときから、モノづくりの世界に触れていました。いろいろなモノをつくりましたが、やっぱり好きなのはジュエリー。高校の文化祭で彫金でつくったアクセサリーや小物を販売してすごく評判がよく、ジュエリーの世界を本格的に目指す自信にもなりました。好きな作業は、成形段階のヤスリがけ。削る状況に合わせて数種類のヤスリを使い分けるのがなんだか楽しく、上手くできたときは達成感とともに自分の成長を強く感じることができます。卒業したらクラフトマンとして、素敵なジュエリーをたくさん制作していきたいです。

ジュエリーデザイン科3年
武石唯さん
都立工芸高等学校出身

好きなモノは?