ビジュアルデザイン科 1年生 吉野 眞尋 さん

ビジュアルデザイン科1年
吉野 眞尋 さん
埼玉県立豊岡高等学校出身

広告、エディトリアル、イラスト、Webデザインなど、新たに学ぶたびに、やりたいことが増えていっちゃいます。それに、幼い頃からファンシーグッズが大好きだからキャラクターにも関わりたいし、絵本も好きなのでつくってみたいし…。もう、やりたいことだらけ。とにかく、今は目の前の課題に全力で取り組んでいます。授業では先生が学生一人ひとりのことをすごく考え、いろいろ工夫して進めてくださるのでわかりやすくて、毎回楽しみです。山脇に通うようになってから、身の回りの広告や商品パッケージに目がいくようになりました。

ビジュアルデザイン科2年生阿部 純也 さん

ビジュアルデザイン科2年
阿部 純也 さん
都立日本橋高等学校出身

僕がデザイナーを目指すようになったのは高校のとき。好きなアニメやゲームのポスターを見て、「かっこいいなぁ!」「自分でもつくってみたいなぁ!」と思ったから。同じテーマでも他の人の作品を見ると、こんなにいろんな表現があるのかと驚かされます。自分もアイデアの引き出しを、もっともっと増やさなくちゃと感じています。複数の授業課題が常に同時進行しているので、スケジュール管理が大変ですが、とことん表現にこだわっていきたいです。

ビジュアルデザイン科2年生 藤原 詩花 さん

ビジュアルデザイン科2年
藤原 詩花 さん
長野 豊科高等学校出身

デザインしたとき、自分がそのターゲットだったらこれを見てどう思うかを想像し、何度もチェックします。自分がつくりたいモノより相手が望んでいるモノ、喜んでくれるモノを考えることがデザイナーにとって大事。デザインする上でターゲットをよく理解することがいかに大切かということを学びました。とくに、雑誌は読者の志向やライフスタイルなど、ターゲットが明確に絞られています。2年生から始まった「エディトリアルデザイン」の授業で雑誌をデザインする楽しさに触れ、将来はエディトリアルデザイナーになりたいと思っています。

ビジュアルデザイン科3年生広岡 匡 さん

ビジュアルデザイン科3年
広岡 匡 さん
都立世田谷総合高等学校出身

山脇は専門学校では少ない3年制だったので、じっくり幅広く学べると思い決めました。3年生になってみて、まさに想像していた通りで大満足。自分が一番成長したなと感じる部分は、技術的なことはもちろん、プレゼンなど人前で話すことに前向きになれたこと。将来デザイナーとしてやっていく上で、自分の考えを相手に伝えることは大事になるので、さらに磨いていきたいです。中学生の頃から趣味でIllustratorなどを使ってグラフィックを制作していたのが、この道へ進んだきっかけ。もっともっと極めていきたいです。

ビジュアルデザイン科 1年生 松田孔亮さん

高校では、吹奏楽部に所属。そのとき定期演奏会のポスターや歌詞カードをつくったのがきっかけで、デザインという仕事に興味を持ちました。美術にはあまり自信がなかったのですが、山脇の授業でデッサンをしたとき思っていた以上にでき、デザインがさらに好きになりました。アイデアを考えるときにまだまだ時間がかかりますが、その大変さもクリエイティブな作業の楽しさのひとつ。他人が見たときにどう感じるかしっかり意識して表現することを心掛けています。これからは腕試しを兼ねて、コンペにも積極的にチャレンジするつもりです。

ビジュアルデザイン科1年
松田孔亮さん
茨城県立守谷高等学校出身

山脇の魅力

 
井須琴巳

私のデザインで、たくさんの人を笑顔にしたい!そう思ったきっかけは、高校時代にクラスのTシャツをつくる機会があり、それが全国のコンテストで最優秀賞を受賞。クラスのみんながすごく喜んでくれて、嬉しくてデザイナーを目指すようになりま した。山脇で本格的にデザインを勉強するようになってからは、身のまわりのデザインも気になるように。電車内の広告や、コンビニに並んでいる商品のパッケージも、よくチェックしています。とくに最近は色使いも気になり、ハッとするような配色のものは、いつか自分のデザインにも生かしてみたいと思います。

ビジュアルデザイン科2年
井須琴巳さん
都立足立西高等学校出身身

クラスの仲間は?