増子達也さん

父が学生時代に建築を学んでいて、現場監督としても働いて いたこともあり、その影響で建築の世界をめざすようになりました。好きな建物は、日本建築。静閑な佇まいや木の温もりが好きです。建築を学び始め、街を歩いているときも自然といろんな建物に目がいきます。よく観察すると、いままで何気なく見ていた建物も「こんなカタチをしていたのか」と新しい発見がいっぱい。知識や技術をしっかり身につけ、いつかこの手で日本建築を設計するのが楽しみです。

スペースデザイン科1年生
増子達也さん
都立第三商業高等学校出身

山脇祭では?

 

大芝美穂さん

好きな授業は、「ウィンドウディスプレイ」。アイデアを生かし て、限られた空間に世界観をつくり上げるのが面白いです。クラスメイトの作品を見ると、どれも個性的。私も負けないように、街なかのショーウィンドウや雑誌などを見て、日々勉強しています。建築を学ぶのは初めてだったので入学当初は少し不安でしたが、先生が一つひとつ丁寧に基礎から教えてくれるので安心して学べました。将来については、建築デザインか ディスプレイに進むかで、いまはまだ迷っています。

スペースデザイン科2年生
大芝美穂さん
埼玉県立上尾鷹の台高等学校出身

お気に入りの施設は?

一寸木英司さん

ずっとバリ島で暮らしていましたが、日本で建築の世界に挑戦したいと思い山脇に進学しました。細かい作業が好きなので、製図の授業は毎回とても楽しみ。大変なときもありますが、そのぶん完成したときの達成感は大きいです。ここでの学びのおかげで、卒業したら日本の設計会社で働くことが決まりました。現在は学びの集大成として、「バリ島のコテージ」をテーマに卒業制作に没頭。長年暮らしたバリ島のことを思い出しながら、作品作りに頑張っています。

スペースデザイン科3年生
一寸木英司さん
インドネシア北クタ郡立第一高等学校出身

特技は?

佐藤光丘さん

父のDIYをよく手伝っていたことがきっかけで、小学生の頃から建築関係の仕事に就くのが夢でした。とくに興味があったのが、空問デザイン。山脇ではインテリアやディスプレイ、照明についても幅広く学べるので、すごく勉強になっています。それと、夜景のイルミネーションも好きなので、将来は”光や照明”を駆使した空間デザインにも機会があれば挑戦してみたいと思っています。志望していた設計会社から内定をいただき、長年の夢が叶って惑激しています。

スペースデザイン科3年生
佐藤光丘さん
神奈川 横浜女学院高等学校出身

山脇の魅力は?