第2回 パールデザインコンテスト。(一般社団法人日本真珠振興会主催)

今回のテーマは、日本が世界に誇る宝石「真珠」の、高貴な美しさを最大限に生かしながら、

今に生きる人々のライフスタイルにマッチした「実際に身に着けたい(身に着けてもらいたい)」

デザインを新しい感性と独創性でクリエイトすることです。

 

ジュエリーデザイン科2年生が授業課題として、3年生は希望者が応募し、

「ジュエリー部門」、「和装ジュエリー部門」、「デザイン画部門」の3部門で4名が入選しました。

「ジュエリー部門」と「和装ジュエリー部門」はデザイン画で1次審査が行われ、最終審査は作品を制作し、

きものサローネin日本橋(三井ホール)にてファッション・ショー形式で行われました。

 

【ジュエリー部門 入選】

 

パールコン_鈴木

実作品・最終審査ファッションショー

ジュエリーデザイン科3年 鈴木絵里香

アームジュエリー/純銀・950銀・パール・樹脂

コンセプト

童話「人魚姫をモチーフ」に、泡になるシーンを切り取った。

下に行く程に鱗は剥がれ落ちてゆき、泡となって姿をかえてゆく。

 

 

【和装ジュエリー部門 入選】

 

パールコン_岩崎

実作品・最終審査ファッションショー

ジュエリーデザイン科2年 岩﨑麻祐

帯留め/950銀・パール

コンセプト

真珠を植物のつぼみに見たてて留めています。

門出の時や、何かに出発するような時に付けてほしい帯留めです。

 

 

【デザイン画部門 入選】

 

パールコン_高橋

デザイン画

ジュエリーデザイン科3年 髙橋千明

コンセプト

植物はどこにでも根を張り水や養分を取り込み成長していきます。私はその逞しさに惹かれ、

この思いをジュエリーにしました。

 

 

パールコン_鈴木勇作

デザイン画

ジュエリーデザイン科2年 鈴木勇作

コンセプト

木の実をイメージしネックレスをデザインしました。